ハムスターの飼い方で注意

ペットを飼うときには、ペットの種類によって注意するポイントがありますよね。

もちろん、ハムスターの飼い方についても注意が必要なポイントがあるんです。

うっかり注意を怠ってしまうと大変な事態になってしまうこともあります。

ハムスターを飼うときに、注意しておきたい7つのポイントをまとめていきます。

<スポンサードリンク>



ハムスターの飼い方で注意したいポイント①:餌

ハムスターの飼い方注意点餌

ハムスターの飼い方で注意したいポイントの1つ目が、ハムスターの餌です。

では、どんな点に注意が必要なのかについてまとめていきます。

ハムスターの餌に注意!

ハムスターの餌で注意が必要なのは、餌の量やその内容です。

ハムスターに餌をあげるときは、適切な量をあげるひつようがあります。

また、あげてもいい餌もあれば、あげると危険な餌もあります。

<スポンサードリンク>



ハムスターの飼い方で注意したいポイント②:水分

ハムスター飼い方で注意したいポイント2

ハムスターの飼い方で注意したいポイントの2つ目が、ハムスターにあげる水分です。

では、どんな点に注意が必要なのかについてまとめていきます。

<スポンサードリンク>

ハムスターの水分に注意!

ハムスターは、1日に必要な水分量が決まっています。

その量は、体重の約10%と言われています。

それよりも多く与えてしまうと下痢をしたり体調を崩してしまう恐れがあります。

基本的には、ハムスターは、給水ボトルを使って必要なときに飲むのであげすぎることは少ないかもしれませんね。

ハムスタが水を飲みすぎている場合は、注意が必要です。

ハムスターが水を飲みすぎる!これは病気の危険がある?

特に注意したいポイントは?

特に、気を付けたいのは、餌としてフルーツや野菜をあげる場合です。

餌に含まれる水分によって、水分を過剰に摂取してしまう可能性があります。

<スポンサードリンク>



ハムスターの飼い方で注意したいポイント③:温度

ハムスターの飼い方で注意したいポイント3

ハムスターの飼い方で注意したいポイントの3つ目が、温度です。

では、どんな点に注意が必要なのかについてまとめていきます。

<スポンサードリンク>

温度に注意!

ハムスターが快適に過ごせる温度は、20~26度と言われています。

この温度の範囲内ならいいのですが、もし、20度より低くなったり、26度よりも高くなってしまうとどうなるのでしょうか。

適温ではない場合は危険?

もし、適温よりも低くなったり、高くなったりするとハムスターはどうなるのでしょうか。

どちらの場合もハムスターは、体調を崩してしまいます。

その状況が長く続くとハムスターは、死んでしまう可能性が高いんです。

 

<スポンサードリンク>



ハムスターの飼い方で注意したいポイント④:運動

ハムスターの飼い方で注意したいポイント4

ハムスターの飼い方で注意したいポイントの4つ目が、運動です。

では、どんな点に注意が必要なのかについてまとめていきます。

運動に注意

ハムスターも適度な運動が必要です。

しかし、ハムスターの運動は、回し車があれば、十分です。

自分で好きなだけ運動してくれるので、回し車をゲージの中に入れてあげましょう。

散歩をしたい人はこちらも参考にしてみてくださいね。

ハムスターの散歩は必要?時間はどれくらいがベスト?

<スポンサードリンク>



ハムスターの飼い方で注意したいポイント⑤:砂浴び

ハムスターの飼い方で注意したいポイント5

ハムスターの飼い方で注意したいポイントの5つ目が、砂浴びです。

では、どんな点に注意が必要なのかについてまとめていきます。

砂浴びの注意点は?

ハムスターは、砂浴びをすることで体の汚れを落とします。

ハムスターは、水が苦手なので、水浴びをすることがないんです。

体の汚れを落とすときには、砂浴び用の砂が必要なので、忘れずに準備しておきたいですね。

砂浴びの砂の注意点

砂浴び用の砂を選ぶときに注意したいのは、香り付きの砂を選ばないことです。

もし、香り付きの砂を使ってしまうとハムスターは体調を崩してしまうこともあるので注意が必要です。

<スポンサードリンク>



ハムスターの飼い方で注意したいポイント⑥:多頭飼い

ハムスターの飼い方で注意したいポイント6

ハムスターの飼い方で注意したいポイントの6つ目が、多頭飼いです。

では、どんな点に注意が必要なのかについてまとめていきます。

多頭飼いの注意点は?

ハムスターは、基本的には、多頭飼いをしてはいけないといわれています。

縄跳び意識が強いハムスターを多頭飼いしてしまうとケンカになってしまいます。

ケンカで済めばいいのですが、命を落としてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

多頭飼いができるハムスターも!

ハムスターは、多頭飼いができない特性があります。

しかし、種類によっては、例外的に多頭飼いをできる種類もいるんです。

例えば、「キャンベルハムスター」や「ロボロフスキーハムスター」であれば、性格的に多頭飼いすることも可能といわれています。

<スポンサードリンク>



ハムスターの飼い方で注意したいポイント⑦:病気

ハムスターの飼い方で注意したいポイント7

ハムスターの飼い方で注意したいポイントの7つ目が、病気です。

では、どんな点に注意が必要なのかについてまとめていきます。

ハムスターの病気の注意点は?

ハムスターも病気になることがあります。

病気になることがあるという点を理解しておいて、体調の変化に注意してあげる必要があります。

もし、いつもと違うと気づいたら、病院に連れていく必要があります。

ハムスターの病気の兆候は?

ハムスターの病気の兆候として多いのは、下痢や毛づやが悪くなることです。

その他の症状もあるので、日ごろから注意しておいてあげる必要がありますね。

ハムスターの飼い方で注意しないと危険なこととは?気を付けたい7大ポイントとは?のまとめ

ハムスターの飼い方で注意しないと危険なことについてまとめました。

7つのポイントについてまとめましたが、どれもハムスターを飼うときには、知っておきたいポイントです。

安心してハムスターを飼うためにも、この7つのポイントは覚えておきたいですね。

【ハムスターの飼い方情報はこちら】
ハムスターの飼い方