ハムスターが砂浴びしないのはなぜ?おすすめの容器とは?

ハムスターを飼うときに、ハムスターが砂浴びが好きな生き物だと初めて知る人も多いのではないでしょうか。

実際に、飼ってみると全く砂浴びしないという経験をする人もますよね。

なぜ、砂浴びをするハムスターとしないハムスターがいるのでしょうか。

ハムスターが砂浴びをする理由や砂浴びをしない理由について調べてみました。

また、砂浴びにおすすめの容器を安く手に入れる方法についてもまとめました。

スポンサードリンク




ハムスターが砂浴びしないのはなぜ?

ハムスターはにおいがする1

ハムスターが砂浴びをしないのには、どんな理由があるのでしょうか。

ハムスターの体が汚れていないから

ハムスターの体が汚れていない場合は、ハムスターは砂浴びをしないことがあります。

ハムスターが砂浴びをする理由の1つが、お風呂の代わりです。

ハムスターは水浴びをしないので、砂浴びをして体をきれいにします。

砂浴びをすることで、汚れやダニを洗い落としているんです。

体が汚れていないと砂浴びをして体をきれいにする必要がないですよね。

スポンサードリンク




ストレスが溜まっていない

ハムスターが砂浴びをするもう1つの理由は、ストレスを発散するためです。

ハムスターは、砂浴びをすることでストレスを発散するといわれています。

ストレスが溜まっていない場合は、砂浴びをしないこともあるんです。

スポンサードリンク




砂浴びをしない種類だから

実は、ハムスターの中には、砂浴びをしない種類のハムスターもいるんです。

砂浴びをしないハムスターとしては、ゴールデンハムスターがいます。

ゴールデンハムスターは、ペットとして飼われているハムスターでも多い種類ですよね。

ゴールデンハムスターが砂浴びをしないなので、砂浴びをしなくても心配する必要はありません。

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>

ハムスターの砂浴びにおすすめの容器は100均?

ハムスターの共食いを防止する1

ハムスターの砂浴びの容器はどんな容器がおすすめなんでしょうか。

価格で選ぶなら、確かに100均がおすすめです。

その場合でも砂浴び用の容器には選ぶポイントがあるんです。

ハムスターの砂浴び用容器のポイント①:素材

容器の素材は、プラスティックとガラスの2種類があります。

プラスティック製の容器は、軽いというメリットがあります。

デメリットとしては、臭いが取れにくくなることです。

また、ガラス製の容器のメリットは、臭いが付きにくいことです。

デメリットは、汚れが目立ちやすいところです。

ハムスターの砂浴び用容器のポイント②:サイズ

ハムスターの砂浴び用容器を選ぶポイントの2つ目が、容器のサイズです。

容器のサイズは、大きめを選ぶほうがいいです。

大き目の容器なら、ハムスターが思い切り砂浴びをすることができます。

大きい容器の場合は、1回に使う砂の量が多くなってしまいますよね。

その場合は、容器の底が平らではなく湾曲している容器がおすすめです。

容器に角度がついている分、1回に使う砂の量を少なくすることができます。

みんなが使っている砂浴び用容器は?

では、ハムスターを飼っている人はどんな容器を使っているのでしょうか。

参考までに、人気の砂浴び用容器を調べてみました。

おすすめ容器①

【デグー・ハムスター・シマリスの砂浴び容器!デグー砂浴びバスハウス】

[三晃商会]デグー・ハムスター・シマリスの砂浴び容器!デグー砂浴びバスハウス

容器が大きく、砂が飛び散りにくい構造が人気です。

おすすめ容器②

【ハムスターの大きめサイズの砂浴び容器バスハウス ワイド】

[三晃商会]ハムスターの大きめサイズの砂浴び容器バスハウス ワイド

容器が大きく、価格も手ごろです。

おすすめ容器③

【マルカン コーナーバス】

マルカン コーナーバス MR-958 〔ハムスター用 砂浴び容器〕  *

ケージのコーナーに収まるようなデザインで使いやすいです。

おすすめの砂

おすすめの砂もご紹介しておきます。

【SANKO バスサンド ハムスター用砂浴び砂】

三晃商会 SANKO バスサンド ハムスター用砂浴び砂 1kg お一人様11点限り 関東当日便

【マルカン サラサラさら砂】

マルカン サラサラさら砂 1.5kg ハムスター リス チンチラ プレリードッグ用 浴び砂 砂浴び お一人様11点限り 関東当日便

スポンサードリンク




ハムスターが砂浴びしないのはなぜ?おすすめの容器とは?のまとめ

ハムスターが砂浴びをしない理由についてまとめました。

ハムスターは、体が汚れていると感じたり、ストレスを感じているときに砂浴びをします。

砂浴びをしないということは、体が汚れていると感じていない場合や、ストレスがない場合ということでした。

理由が分かれば、ハムスターが砂浴びをしていなくても必要以上に心配する必要はないですよね。

また、ハムスターの種類によっては、砂浴びをしない種類もいるので、ゴールデンハムスターが砂浴びをしなくても問題ないんです。

砂浴びの容器や砂の購入に迷ったら、多くの人が選んでいるおすすめ商品を試してみてはいかがでしょうか。