ハムスターに快適な気温や室温は何度?夏や冬は部屋の設定温度はどうすればいい?

ハムスターは温度にも敏感な生き物です。

ハムスターを飼う時には、ハムスターが快適に感じる気温や室温を知っておく必要があります。

もし、何も対策をしないとハムスターが死んでしまうということもあり得るのでとても重要なことなんです。

特に、気お付けたいのは、夏や冬ですね。

そこで、ハムスターに快適な気温や室温についてまとめました。

<スポンサードリンク>



ハムスターに快適な気温は何度?

ハムスターの温度1

ハムスターを飼う時に、快適な気温と湿度についてまとめていきます。

ハムスターの飼い方:快適な気温

ハムスターが快適に過ごすことができる気温は、20~26度といわれています。

この気温は、春や秋であれば、これぐらいの気温の日が多いのでハムスターが過ごしやすい季節ということになります。

<スポンサードリンク>

ハムスターの飼い方:快適な湿度

ハムスターが快適に過ごすことができる湿度は、40~60%です。

湿度に関しても春や秋がこれぐらいの湿度なので、ハムスターが過ごしやすい季節ということになります。

<スポンサードリンク>



部屋の温度別ハムスターの反応

ハムスター温度2

次に、ハムスターの部屋の温度によってハムスターがどんな反応を示すのかについてまとめいきます。

ハムスターの部屋が15度

15度は、ハムスターが快適に過ごせる温度よりもかなり低い温度です。

秋でも15度になる日もありますし、冬なら15度以下になる日もありますよね。

温度が15度になるとハムスターはかなり寒いと感じています。

実は、10度以下になるとハムスターは疑似冬眠状態になるといわれています。

実は、疑似冬眠はとても危険で、数時間もすれば、体力のないハムスターが死んでしまう状態なんです。

<スポンサードリンク>

ハムスターの部屋が20度

20度ならハムスターが快適に過ごすことができる適温ですね。

ハムスターの部屋は、20度以上に保つことができれば、快適に過ごすことができます。

ハムスターの部屋が30度

30度になるとハムスターの適温を超えています。

ただ、水分をしっかりとることができれば、30度程度であれば、命に関わるまではいきません。

しかし、35度を超えてくるとハムスターがぐったりとしてくるので注意が必要です。

<スポンサードリンク>



ハムスターを飼う時に注意したい季節は?

ハムスター気温3

ハムスターに快適な気温をご紹介しました。

次は、注意したい季節についてまとめていきます。

ハムスターの飼い方のポイント:夏

日本の夏は、暑く、湿度も高いですよね。

ハムスターの適温である26度を超える真夏日も続きます。

また、湿度も高くじめじめします。

ハムスターは湿気に弱いので、湿度も注意したいポイントです。

ハムスターの飼い方のポイント:冬

日本の冬は、地域にもよりますが、かなり気温が下がるところがほとんどです。

真冬は、ハムスターの適温である20度以下になる日がほとんどです。

ハムスターは寒さにも弱いので、対策をしないと死んでしまいます。

寒さ対策についてはこちら⇒ハムスターの寒さ対策!最適な防寒グッズ100均で買える?

<スポンサードリンク>



ハムスターに快適な気温や室温は何度?夏や冬は部屋の設定温度はどうすればいい?のまとめ

ハムスターが快適に過ごせる気温や室温についてまとめました。

ハムスターは、20~26度であれば、快適に過ごすことができます。

しかし、気温が20度以下になる冬や30度を超えるような夏は、注意が必要なんです。

春や秋は快適な気温の日が多いですが、日によって気温が変わることもあるので、注意してあげましょう。

基本的には、人間が暑いと思ったらハムスターも暑いと感じています。

同様に、人間が肌寒いと感じれば、ハムスターも寒いと感じていると考えていれば、判断しやすいです。

【ハムスターの飼い方情報はこちら】
ハムスターの飼い方