ハムスターを飼う準備3

ハムスターの防寒対策としてヒーターを使っている人は多いです。

ハムスターは寒さに弱いのでヒーターがあったほうがいいといわれますが、不安なのは「火事」ですよね。

防寒対策はしてあげたいけど、ヒーターを使っていて火事になったら困りますからね。

そこで、ハムスターのヒーターを使っても火事にならないのか。

また、火事を防ぐためのヒーターのおすすめの置き方やポイントについてまとめました。

スポンサードリンク




ハムスターのヒーターで火事は起こる

ハムスターのヒーターで火事1

ハムスターのヒーターで火事は起こるのでしょうか。

ハムスターのヒーターで火事は起こる?

ハムスターを飼っている人たちの話を聞くとハムスター用のヒーターで火事になったという話は聞かないとい意見が多いです。

テレビのニュースでも火事の原因がハムスター用のヒーターだったという報道を聞いたことがある人もいないのではないでしょうか。

ハムスターのヒーターも電化製品なので、100%火事が起こらないと断言することは難しいと思います。

しかし、他の電化製品と同じように、使い方を間違わなければ、必要以上に火事の心配をすることもないんです。

では、ハムスターのヒーターはどのように使えばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>

ハムスターのヒーターのを使う時期や温度は?

ハムスターヒーター火事1

ハムスターのヒーターを使うときに、いつから使い始めたらいいのでしょうか。

また、温度は何度ぐらいにすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク




ハムスターのヒーターを使う時期はいつ?

ハムスターのヒーターが必要な時期は、9月末から5月ぐらいが目安です。

この時期は、気温が20度以下になる日もあります。

ハムスターの適温は、20度以上なので、これより低くなる季節はヒーターが必要なんです。

スポンサードリンク




ヒーターの温度設定は何度?

ハムスターが快適に過ごすことができる温度は、20度~27度ぐらいといわれています。

ヒーターの温度の目安もこの温度ということになります。

スポンサードリンク




ハムスターのヒーターの置き方のコツは?

ハムスターヒーターコツ

ハムスターのヒーターにはいくつかの種類があります。

今回は、多くの人が使っていて初心者でも使いやすいパネルヒーターについてご紹介していきます。

ハムスターのヒーターの置き方のポイント

パネルヒーターにも種類があり、ハムスターのケージの中に置くタイプとケージの下に置くタイプがあります。

どちらのタイプのヒーターも起き方のポイントは共通なんです。

それは、ケージ全体があたたまらないように置くことです。

ケージ全体をあたためてしまうとハムスターが暑いと感じた場合に、涼しい場所がなくなってしまいます。

ケージの半分ぐらいがあたたまるように置くようにすれば、ハムスターも過ごしやすい環境ができます。

スポンサードリンク




ハムスターのヒーターで火事を防ぐ方法

ヒーターで火災防止3

ハムスターのヒーターで火事が起こる可能性は少ないです。

しかし、油断は禁物です。

火事を起こさないためにしておきたい方法をご紹介します。

つけっぱなし防止

ヒーターのつけっぱなしは、思わぬ事故を起こす可能性があります。

寝る前や外出するときは、ヒーターの電源を切っておけばより安心です。

ヒーターを切るとハムスターが寒がらないか心配な場合は、ヒーターを使わない防寒対策をしておけば安心です。

ハムスターのヒーターを使わない防寒対策はこちら⇒ハムスターの寒さ対策

ケーブルは保護しておく

ケージ内にヒーターを置く場合は、ヒーターの電源コードもケージの中にあります。

ハムスターが電源コードをかじってしまうと非常に危険です。

火事の危険もありますが、コードをかじったハムスターも怪我をしてしまう可能性があります。

そうならないためにも、ケーブルにはマスキングテープを使ってケージにはわせるようにしておきましょう。

スポンサードリンク




ハムスターのヒーターで火事が心配!不安を取り除くおすすめの置き方とは?のまとめ

ハムスターのヒーターで火事が起きないのかについてまとめました。

ハムスターのヒーターを使うからといって火事を心配しすぎる必要はありませんでした。

しかし、ヒーターも電化製品なので、油断していると危険です。

ハムスターのためには、ヒーターは必要なので、有効に安全に使うようにしましょう。

スポンサードリンク