ハムスターが噛む原因は

ハムスターがなついてきたと思っていたら、手を噛まれてしまったということも起こります。

今まで仲良くしていたのに、急に狂暴になってしまったんではないかと心配になりますよね。

ハムスターが血が出るほど噛むのには、理由があります。

もし、手をかまれてしまった場合は、その理由を知って、対策をしてあげる必要があります。

ハムスターが手を噛むのはなぜなんでしょうか。

<スポンサードリンク>



ハムスターが噛む理由とは

ハムスターのにおい1

ハムスターが噛むのには、やはり理由があります。

ハムスターが噛む理由①:甘噛みの場合

ハムスターに噛まれたのが、強くではなく、甘噛みだった場合の理由についてまとめていきます。

間違われたから

ハムスターは、目があまりよくありません。

そのために、においや音で認識することが多いです。

餌をもっているときに、ハムスターに甘噛みされた場合は、餌と手を間違われた可能性があります。

あるいは、手に興味を持って噛んで確認しただけと考えることができます。

意思表示

手の平に乗せているときに、ハムスターに甘噛みされた場合は、ハムスターの意思表示の可能性があります。

ハムスターが手から降ろしてほしいと甘噛みをしてアピールしていると考えることができます。

<スポンサードリンク>

ハムスターが噛む理由②血が出るほど噛まれた

手から血が出るほど噛まれたり、血が出ないまでも歯型がくっきり残るくらいに強く噛まれた場合は、特に注意が必要です。

それは、ハムスターが恐怖を感じているからと考えることができるからです。

ハムスターが恐怖を感じたときは、逃げたり、鳴いたりしますが、それができないときには、噛むこともあります。

<スポンサードリンク>



ハムスターが噛むときの対策は?

ハムスターの年齢

ハムスターが噛むようになったときに、どんな対策をすればいいのでしょうか。

ハムスターが噛むようになった時の対策①:甘噛みの場合

ハムスターにしっかりと飼い主だと理解させることです。

そうすれば、ハムスターが餌と飼い主を間違えることがなくなります。

ハムスターが飼い主を理解するのは、ある程度時間があかかります。

しばらくすれば、飼い主だと理解してくれることが多いので、あせらずじっくりと向き合いましょう。

<スポンサードリンク>

ハムスターが噛むようになった時の対策②:血が出るほど噛まれた場合

ハムスターが強く噛むのは、ハムスターが恐怖を感じたことが原因です。

知らないうちに、ハムスターに恐怖を与えているのかもしれません。

ハムスターに噛まれたケースで多いのが、ハムスターを無理やりつかもうとしたときです。

つかまなくても手に乗せようとして無理やり動かすとハムスターが恐怖を感じてしまいます。

ハムスターが驚かないように、動作はゆっくりとするように心がける必要があります。

ハムスターを手に乗せる場合は、ハムスターが自分から乗るまで待つようにしましょう。

ハムスターが噛むようになった時の対策③:どちらも該当しない場合

ハムスターに噛まれたけど、どちらの原因も思い当たらない場合の対策をご紹介します。

それは、ハムスターが動物性たんぱく質を欲しがっている可能性があります。

ミルワームを与えて、様子を見るようにすれば、手を噛まなくなる可能性があります。

<スポンサードリンク>



ハムスターが噛む理由は?血が出るほど噛まれたら要注意!のまとめ

ハムスターが噛む理由についてまとめました。

ハムスターが噛む理由として、甘噛みの場合は、そこまで心配する必要はありませんでした。

しかし、強く噛まれる場合は、ハムスターが恐怖を感じている可能性が高いです。

ハムスターが恐怖を感じるとストレスになります。

原因は、飼い主の可能性が高いので、少しでも早く対策をとるようにしましょう。

【ハムスターに関する情報はこちら】
ハムスター