ハムスターの歯の長さは正常?伸びすぎている場合に切る方法とは?

ハムスターの歯は常に伸び続けます。

しかし、ハムスターの歯の長さは、最適な長さに調整していないと生活しにくくなってしまいます。

ハムスターの歯の長さは、どれくらいが正常なのでしょうか。

また、ハムスターの歯が伸びすぎている場合は、どのやって切ればいいのでしょうか。

ハムスターの歯の正常な長さや伸びすぎている場合に切る方法についてまとめました。

<スポンサードリンク>



ハムスターの歯の正常な長さはどれくらい?

ハムスターペレット1

ハムスターの歯はどれぐらいの長さが正常なのでしょうか。

ハムスターの歯の長さの見方は?

ハムスターには、上の歯と下の歯があります。

それぞれの長さが何センチと具体的に決まっているわけではありません。

それに、ハムスターの歯を測るのも簡単ではないですよね。

目安としては、ハムスタの下の歯の長さは、上の歯の3~4倍の長さが標準的な長さになっています。

ハムスターが食べにくそうにしていたり、明らかに歯の長さが長い場合は、歯の長さを調整してあげる必要があります。

<スポンサードリンク>

ハムスターの歯の長さが正常ではない例とは

ハムスターの上の歯と下の歯の長さが同じぐらいになっている場合は、明らかに上の歯が伸びすぎています。

また、ハムスターの2本の歯のうち片方だけが長いというケースもあり、これも正常な歯ではありません。

<スポンサードリンク>



ハムスターの歯が伸びすぎている場合は?

ハムスター動物病院5

ハムスターが食べにくそうにしていたり、明らかに長いと感じる場合はどうすればいいのでしょうか。

動物病院で診療

ハムスターの歯が伸びすぎていると感じたら、動物病院に連れて行ってあげましょう。

間違っても自分で調整することは避けたほうが無難です。

ハムスターの歯を削ったり、切ったりすると出血することもあります。

止血する方法もわからないので、ハムスターにもよくありません。

<スポンサードリンク>



ハムスターの歯が伸びすぎる理由は?

ハムスター脱走なぜ1

ハムスターは、通常は、歯が伸びすぎないように自分で調整する習性があります。

しかし、何か問題がある場合は、調整ができず、歯が伸びすぎる病気・過長歯(かちょうし)という病気かもしれません。

なぜ、ハムスターは、過長歯(かちょうし)になってしまうのでしょうか。

<スポンサードリンク>

ハムスターの歯が伸びすぎる理由①不正整合

不正整合とは、歯の噛み合わせが悪くなることを指します。

歯の噛み合わせが悪い場合は、ハムスターは前歯をすり合わせることができないので、歯の長さを調整できなくなってしまいます。

ハムスターの歯が伸びすぎる理由②切歯破折

切歯破折(せっしはせつ)も理由の1つです。
ハムスター歯が、砕けたり折れてしまった場合、歯を噛み合わせることができません。

ハムスターの歯が伸びすぎる理由③老化

ハムスターの老化によっても歯が伸びすぎてしまうことがあります。

老化によって歯茎が弱くなり、歯をすり合わせて長さを調整することができなくなってしまうんです。

<スポンサードリンク>



ハムスターの歯の長さは正常?伸びすぎている場合に切る方法とは?のまとめ

ハムスターの歯の正常な長さについてまとめました。

ハムスターの歯は、正常な状態は、下の歯が上の歯の3から4倍の長さを保っている場合です。

また、上の歯、下の歯のそれぞれの長さも同じぐらいである必要があります。

もし、ハムスターの歯が伸びすぎていると感じる場合は、自分で治療をしないようにしたいですね。

慣れている人は、自分で治療するケースもありますが、やはり、動物病院で検診してもらうほうが安心です。

【ハムスターに関する情報はこちら】
ハムスター