ハムスターは掃除機が苦手

ハムスターを飼っている部屋を掃除するときに注意しておくことがあります。

それは、掃除機のかけ方です。

ハムスターを飼っていてもいなくても部屋をきれいにするには、掃除機は必要ですよね。

しかし、ハムスターを飼っている部屋を掃除するときは、掃除機の使い方に気を付けないととても危険なんです。

では、どんな点に注意する必要があるのでしょうか。

ハムスターを飼っている部屋で掃除機を使うときの注意点をまとめました。

<スポンサードリンク>



ハムスターの部屋で掃除機をかける問題点①音

ハムスターが掃除機苦手1

まず、最初は、音の問題からです。

ハムスターは掃除機の音が嫌い!

ハムスターは、掃除機の音が嫌いです。

とは言っても、掃除機の音が特別に嫌いということではありません。

ハムスターは大きな音が苦手なんです。

ハムスターは音に敏感な生き物なので、大きな音がするとストレスを感じてしまいます。

<スポンサードリンク>

ハムスターのいる部屋に掃除機をかけるポイント!

ハムスターのいる部屋に掃除機をかけないという方法もあります。

しかし、掃除機を使ったほうがきれいになりますよね。

そんなときにおすすめの方法は、ハムスターを部屋から移動させてしまうことです。

ハムスターを別の部屋に移動すれば、音でストレスを感じることがありません。

ただし、掃除は短時間で済ませる必要があります。

それは、移動先の環境に慣れていないハムスターがストレスを感じてしまう可能性があるからです。

<スポンサードリンク>



ハムスターの部屋で掃除機をかける問題点②ほこり

ハムスターが掃除機苦手3

次は、ほこりの問題です。

掃除機のほこりがハムスターに影響する?

掃除をするとどうしてもほこりがでますよね。

掃除機をかけるとほこりが部屋に舞うのを避けることは難しいです。

実は、ハムスターはほこりも苦手なんです。

それが、ハムスターのストレスになることもあります。

<スポンサードリンク>

掃除機のほこり対策とは

掃除機をかけるときのほこり対策は、ハムスターを移動させておくことです。

音の問題もハムスターを別の部屋に移動させることが対策ができましたが、ほこりの対策もできるんです。

ハムスターの部屋で掃除機をかけるときは、ハムスターを別の部屋に移動させておくことで、音だけではなくほこりの対策にもなるんです。

<スポンサードリンク>



ハムスターの部屋で掃除機をかける問題点③吸い込む

ハムスター掃除機苦手5

3つ目は、ハムスターを吸い込む問題です。

掃除機でハムスターを吸い込んでしまう恐れがある!

実は、掃除機でハムスターを吸い込んでしまう恐れがあるんです!

そう聞くと、「ハムスターを掃除機で吸い込むわけがない!」とほどんどの人が思うと思います。

しかし、実際に、掃除機でハムスターを吸い込んでしまった人がいるんです。

ハムスターを掃除機でボッと吸い込む理由

ハムスターをわざと吸い込む人はいないですよね。

しかし、掃除機で掃除しているときに思いもよらないところにハムスターが隠れていたら・・・

気付かずに吸い込んでしまう可能性はゼロではありません。

実は、ハムスターは、ケージを脱走することがある生き物なんです。

脱走したハムスターは物陰に隠れていることもあります。

それを知らずに掃除機をかけると「ボッ」という音がしてハムスターを吸い込んでしまう悲劇が起こるんです。

ハムスターを掃除機で吸い込まない対策

掃除を始める前に、ケージの中にハムスターがいるかどうか必ず確認しておくようにしましょう。

1匹だけハムスターを飼っている場合は、いないとすぐに気付くことがでいると思います。

しかし、何匹もハムスターを飼っている場合は、確認がおろそかになってしまうこともあります。

<スポンサードリンク>



ハムスターは掃除機が苦手?吸い込む恐れもある?のまとめ

ハムスターの部屋の掃除についてまとめました。

ハムスターは掃除機が苦手です。

掃除機の音はもちろん苦手ですが、掃除のときに舞うほこりも苦手なんです。

一番問題なのは、掃除機でハムスターを吸い込んでしまうことです。

これは、掃除をする前に注意をしておけば、防げる問題です。

しかし、確認を怠って万が一ハムスターを吸い込んでしまったら、ハムスターの命に関わる問題に発展します。

ハムスターの部屋で掃除機を使う場合は、細心の注意を払って掃除をする必要があります。

【ハムスターの飼い方情報はこちら】
ハムスターの飼い方