ハムスターがケージを噛む2

ハムスターがケージを噛んで困ることがありますよね。

実は、ハムスターがケージを噛んで困るというのは、多くの人が直面する問題なんです。

なぜ、多くのハムスターがケージを噛むのでしょうか。

どんな対策をすれば、ハムスターがケージを噛むのをやめるようになるのかについてもまとめました。

<スポンサードリンク>



ハムスターがケージを噛む理由は?

ハムスターがケージを噛む1

ハムスターがケージを噛む理由についてまとめました。

ハムスターがケージを噛む理由①:ストレス

ハムスターがケージを噛む理由は、ハムスターのストレス解消のためです。

ケージを噛んでいるハムスターは、何かストレスを感じています。

例えば、お腹がすいたとか、室温が暑いなどの理由があります。

<スポンサードリンク>

ハムスターがケージを噛む理由②:外に出たい

ハムスターがケージを噛むもう1つの理由は、ケージの外に出たいからという場合もあります。

ケージを噛むことで、外に出してほしいというアピールをしているんです。

<スポンサードリンク>



ハムスターがケージを噛む対策とは?

ハムスターケージを噛む対策1

次は、ケージを噛むハムスターに対して、どのような対策がいいのかをまとめました。

ハムスターがケージを噛むときの対策①:お腹がすいている

お腹がすいているハムスターへの対策は、餌をあげることです。

お腹がすいているから、餌をあげれば、問題は解決しますよね。

ここで、餌をあげるタイミングがポイントになってきます。

餌をあげるタイミング

ハムスターに餌をあげるのは、ケージを噛んでいないときにしましょう。

ケージを噛んでいるときに餌をあげてしまうとケージを噛む癖がついてしまうので、おすすめできません。

<スポンサードリンク>

ハムスターがケージを噛むときの対策②:室温

室温の問題でハムスターがケージを噛んでいるときは、室温を調整する必要があります。

基本的にハムスターの適温は、20~26度ぐらいです。

室温が暑かったり、寒かったりするとハムスターがストレスを感じてしまいます。

室温にも気を使ってあげたいところですね。

ハムスターがケージを噛むときの対策③:外に出たい

ハムスターが外に出たいときは、ケージの外に出してあげましょう。

頻繁に外に出たいとケージを噛む場合は、その都度ケージの外に出してあげるのも大変と思う人もいますよね。

その場合は、大きめのケージにしてあげるのも方法の1つです。

ハムスターが外に出たい理由

ハムスターがケージの外に出たい理由として多いのが、縄張りの確認です。

ハムスターは、縄張り意識の強いいきものなので、自分の縄張りは、頻繁にチェックしたいんです。

ケージが狭いとケージの外の縄張りをチェックするために、外に出してほしいとケージを噛むことがあります。

広いケージに入れ替えてあげることで、ケージ内で縄張りのチェックができるようになるかもしれません。

ケージを広くしても解決しない場合もありますが、試してみる価値はありますよ。

<スポンサードリンク>



ハムスターがケージを噛む理由は?おすすめの対策とは?のまとめ

ハムスターがケージを噛む理由についてまとめました。

ハムスターがケージを噛むのは、ストレスを感じている可能性が高いことがわかりました。

ハムスターがケージを噛む場合は、ストレスを解消してあげる必要があります。

ストレスを感じ続けるとハムスターが体調を崩してしまうこともあるので、対策をとらないでそのままにするのは危険です。

【ハムスターに関する情報はこちら】
ハムスター