ハムスターが共食いするって本当?その理由は防止策とは?

ハムスターは、見ているだけでも癒される人気のペットです。

しかし、ハムスターが共食いするという噂が・・・

本当なんでしょうか!?

しかし、ハムスターの共食いって結構聞きますよね。

もし、ハムスターが共食いするのは、どんな理由があるのでしょうか。

ハムスターの共食いについて調べてみました。

<スポンサードリンク>




ハムスターは共食いする?

ハムスターが共食いする1

ハムスターは共食いするのでしょうか。

ハムスターが共食いするって本当?

ハムスターが共食いするかどうか調べてみました。

残念ながら、ハムスターが共食いするという噂は本当のようです。

しかし、なぜハムスターが共食いをするのでしょうか。

それには、ある理由がありました。

<スポンサードリンク>


ハムスターが共食いする理由とは

ハムスターが共食いする理由2

ハムスターが共食いするときには、ある理由がありました。

ハムスターが共食いする理由①縄張り意識

ハムスターが共食いする理由の1つ目は、縄張り意識が強いからです。

ハムスターは縄張り意識の強い生き物です。

野生の場合は、縄張り争いに敗れたハムスターは、相手の縄張りの外に移動します。

しかし、狭いケージ内で縄張り争いが起きた場合は、ケージの外に移動することができません。

ケージ内が縄張りの場合は、勝ったハムスターは、負けたハムスターを攻撃し続けます。

その結果、負けたハムスターは死んでしまうことになり、そのあと共食いされてしまうことがあります。

ハムスターが共食いする理由②子食い

2つ目の理由は、子食いといわれる親のハムスターが自分の子どものハムスターを食べてしまうことです。

ハムスターは、元々肉食ではないので、ハムスターを食べたいからではありません。

出産したハムスターの餌があっていない可能性が共食いする理由として考えられています。

また、ストレスによって共食いをしてしまう可能性もあるといわれています。

<スポンサードリンク>




ハムスターの共食いを防止する方法は?

ハムスターの共食いを防止する1

ハムスターの共食いを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

ハムスターの共食いを防止する対策①多頭飼いしない

ハムスターの縄張り争いで共食いを防ぐには、多頭飼いをしないことです。

同じケージ内に複数のハムスターがいるとどうしても縄張り争いが起こってしまいますよね。

多頭飼いしてもいいケースは?

子どもが生まれた場合は、多頭飼いになってしまいます。

この場合は、子どもが大きくなるまでは、親と一緒に飼うことができます。

しかし、ハムスターの成長は早いので、2か月ぐらいするとケージを分けたほうが安心です。

<スポンサードリンク>

ハムスターの共食いを防止する対策②ストレスを与えない

特に、出産後は、お母さんと子どもが一緒のケージで生活します。

この時に、起こるのがストレスによる子食いです。

多頭飼いをしないようにしようと思っても子どもが小さい間は、一緒に過ごす必要があるので、別のケージで飼うことが難しいです。

この期間に、子食いをしてしまうこともあるので、注意が必要です。

出産後にストレスを与えないポイント

生まれた赤ちゃんに近づいたりのぞき込んだりするとお母さんハムスターにストレスを与えてしまうことになります。

出産後は、しばらくあまり近づかないでそっとしておいてあげるほうがストレスを与えないことになります。

掃除も乳離れをするまでは、しないでそっとしておいたほうが安心です。

ハムスターの共食いを防止する対策③餌を変える

出産後のハムスターは、餌が合わずに子食いをしてしまうこともあります。

出産後の場合は、いつもよりも餌の栄養バランスを考えてあげる必要があります。

いつもの餌にプラスして、野菜や果物、小魚などをあげるようにしましょう。

<スポンサードリンク>




ハムスターが共食いするって本当?その理由は防止策とは?のまとめ

ハムスターが共食いするって本当なのかについて調べてみました。

ハムスターが共食いするというのは、本当でした。

しかし、ハムスターが共食いするのには、2つの理由がありました。

この点に注意すれば、ハムスターが共食いすることを防ぐことができます。

多頭飼いしないことは、簡単にできるのでこの点は、必ず守りたいですね。

問題は、子どもが生まれたときです。

ハムスターを繁殖させない場合は、特に問題がないのですね。

しかし、ハムスターを繁殖させたい場合は、お母さんハムスターのストレスがたまらないように注意したいですね。

<スポンサードリンク>